王道RPGといえばドラゴンクエスト

トップページ
お気に入りに追加
  

王道RPGといえばドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト(ロト三部作) すべてが最後につながる伏線回収の素晴らしさ

 

・ドラゴンクエストⅠ

 

今更、説明する必要もないほどの超大作ドラゴンクエストシリーズの第一作目です。

正直、この後紹介する後のシリーズに比べるとシステムの古さが否めませんが、名作ドラゴンクエストシリーズの第一作目として、後のシリーズをより楽しくするためにもプレーしておきたいところです。

 

BGM、モンスター、メッセージなど、後のシリーズを知っているプレーヤーとしてはニヤリとさせられる事もしばしばあります。

敵、味方1対1での単調な戦闘システム、単調なレベル上げの繰り返しなどシリーズ1作目ゆえの煩わしさが多少目につきますが、ドラクエをやるからには外せない一本でしょう。

 

・ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々

 

初めてパーティー制を導入した画期的なRPG。

現在のドラクエシリーズと同様に先頭時での役割分担ができるようになり、Ⅰでは退屈がちだった戦闘に戦略的な要素が加わりました。

 

また、初めての乗り物”船”も登場。より広い世界での冒険が可能となっています。

ゲームとしてのシナリオ、システムともに非常に高く、現在においても十分に遊べる名作と云えるでしょう。

 

・ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・

 

現在においてもドラゴンクエスト最高傑作として挙げあられるほどの名作中の名作です。

ラストに前シリーズの伏線回収があり、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲととおしてプレーすると感激もひとしおでしょう。

 

広大なマップ、ボリュームでありながら、非常に良いリズムで最後まで飽きることなくプレーでき、システムも転職システム、キャラクター作成などプレー後のやりこみ要素も充実しています。

Ⅰ、Ⅱ、をプレーしなくても本作のみはプレーしたい本命です。

 

お勧めのファミコンゲームについて

 

私は子供時代ファミコンを通して成長してきました。

今はプレイステーション4やWiiUなどスペックの高いハードが沢山出ていて、ゲームの映像や音声もかなり良いものとなりましたが、私が子供時代に遊んだファミコンのソフトはどれもそれらと比較できないくらいチープな物です。

 

しかし今でも遊べるくらい思いロイゲームも沢山あります。

今回はその中でも特にお勧めしたい3本のゲームについて書きたいと思います。

 

ドラゴンクエスト3

 

まず一つ目はドラゴンクエスト3です。

いわずと知れたドラゴンクエストシリーズで初めてセーブ機能が導入された本作は、職業システムなどキャラクターメイクの自由度も当時のゲームの中では比較的高く、多くのユーザーに人気のあったゲームです。

 

システムは定番王道RPGで誰でも簡単に遊ぶことができます。

ストーリーも奥深いところがあり、ただ文字を読むのではなく感動させられるところも珍しくはありません。

 

ファイナルファンタジー2

 

二つ目はファイナルファンタジー2です。

これも有名RPGシリーズ、ファイナルファンタジーの2作目です。

 

このゲームの面白さは、レベル性ではないキャラクターの成長にあると言えます。

武器や魔法の成熟度、HPやその他ステータスなどが独立していて、プレイヤーの使い方によって個性を伸ばして行くようにキャラクターが成長するのです。

 

ドクターマリオ

 

三つ目はドクターマリオです。

このゲームは色々なハードでリメイクされているほど人気で有名なパズルゲームです。

 

他のハードでプレイしたことがあったとしても一度原点のファミコンで遊ぶことで、そのオリジナルの世界に触れる楽しみを味わうことができます。