対戦が非常にアツい「百の世界の物語」

トップページ
お気に入りに追加
  

対戦が非常にアツい「百の世界の物語」

おすすめのファミコンゲーム3選

 

ファミコンゲームは数多くありますが、その種類は千差万別ともいえるほどで、どの作品から遊べばいいか悩んでしまうことがあるでしょう。
そこで、今回はオススメのファミコンゲームを三本紹介します。

 

百の世界の物語

 

まず、一本目は「百の世界の物語」です。

 

このゲームはスゴロクのようなシステムで、いくつかのシナリオが用意されていて、最終的にそのシナリオの達成を目指しながらゲームを進めていくという作品です。
この作品の最大の目玉は、そのとっつきやすい世界観です。

 

この世界で繰り広げられるシナリオは眠る前に子供が親に語ってとねだられるような冒険譚のようなシナリオです。
それゆえに、癖がないように見えて奥深く、感慨深いシナリオになっています。

 

そして、なによりも対戦が非常にアツいので、是非、友人を誘ってプレイしましょう。

 

ファイナルファンタジー3

 

次のゲームは「ファイナルファンタジー3」です。
このゲームの戦闘システムはファミコン作品至上最高の作品と言っても過言ではないでしょう。

 

FF5へと継承されるジョブチェンジシステムですが、このFF3では道順を考えて転職を行わなければ行き詰ってしまいます。
何故ならば、ジョブチェンジにもコストがかかり、そのコストを考えず無理な転職を行えばコストも多くかかってしまいます。

 

また、ファイナルファンタジーにふさわしいどんでん返しのあるシナリオは、FF3でも楽しめます。

 

ドラゴンクエスト3

 

最後にご紹介するのは、いわずと知れた名作、「ドラゴンクエスト3」です。
ドラゴンクエスト3のもっとも画期的な点は「キャラメイク」という要素を取り入れた所です。

 

当時はキャラメイクが出来るゲームはそう多くはなく、もしキャラメイクが可能なゲームであっても、難易度が高いゲームが多い状態でした。
しかし、このDQ3はキャラメイクによって自身の好みのキャラを作れるゲームでありながら、難易度は万人向けという絶妙なバランスで成り立っています。

 

また、BGMや世界観もレベルが高く、特にパッケージ裏に書かれている文章の意味を理解したとき、真の感動を得る事ができるでしょう。
DQ3をプレイする前にDQ1,DQ2をプレイすることをおすすめしますが、無理な場合でもDQ3はプレイするのを強くオススメします。