後世の全RPGに影響を与えた傑作「ファイナルファンタジー3」

トップページ
お気に入りに追加
  

後世の全RPGに影響を与えた傑作「ファイナルファンタジー3」

ドラゴンクエスト3(DQ3)

 

まずは『ドラゴンクエスト3(DQ3)』。
ファミコンの最高傑作として名前を挙げる人が最も多いソフトではないかとさえ思われる、名作中の名作です。

 

職業やダーマ神殿での転職という構成自由度の高いパーティーシステムに、DQ1&2を先にプレイして置くとビックリと感動を覚えるストーリー演出。

それに絶妙な難易度とファミコンゲームを遊びたいのならば避けては通れない一本と言えます。

 

ファイナルファンタジー3(FF3)

 

続いては『ファイナルファンタジー3(FF3)』。
作品の出来ではDQ3とそう大差ないほどの名作と言われていますが、後世の全RPGに影響を与えた度合いはこちらの方が遥かに大きいのではないでしょうか。

 

今では当たり前となった戦闘中のグラフィカルな「飛び出すダメージ数字」、巨大なモンスターを呼び出す「召喚魔法」と言ったものは、本作で発明されたものです。
DQと違いシリーズ他作品とのストーリー上の関連はないですが、なかなか驚かされるSF的なストーリー演出は目を見張るものがあります。

 

ロックマン2

 

最後は、ちょっと知名度では劣りますが『ロックマン2』。
「エアーマンが倒せない」のネタ元として有名ですが、メインターゲット層の小学生には厳しすぎるものの攻略意欲を掻き立てられる難易度は、さすがアクションゲームの雄・カプコンと言ったところでしょう。

 

ところでエアーマンですが、実は初期装備でも無敵時間利用のゴリ押しで勝てたりしてあんまり強くなかったりします。
まあ、道中もボス戦も難しいのがロックマンですけどね。