ファミコンゲームの中でも屈指の難易度「高橋名人の冒険島」

トップページ
お気に入りに追加
  

ファミコンゲームの中でも屈指の難易度「高橋名人の冒険島」

分かりやすいシンプルなゲームが楽しみやすい

 

ファミコンゲームは多数ありますが、私がお薦めするゲームは分かりやすいものが多いです。

 

スーパーマリオブラザーズ3

 

まず1つはスーパーマリオブラザーズ3です。

普通のスーパーマリオブラザーズもいいのですが、このゲームはRPG要素も含まれている形となり、ステージ構成がかなり変わっています。

 

今でも他の媒体を利用すればプレイはできますが、一番難易度の高いのはファミコン仕様なのです。

今のマリオを支えているゲームの1つであり、笛を利用しないでクリアするのは至難と言われています。

 

ドラゴンクエスト3

 

次にドラゴンクエスト3です。

こちらもリメイク版が発売されて入るものの、それもスーパーファミコンの話ですから、ファミコン版とプレイスタイル自体は特に変わりません。

 

このゲームは今のドラクエを支えたと言っていいほどの出来であり、しかも進めるごとに難易度が大きく上昇して、簡単なゲームではないことを思い知らせてくれます。

ファミコン版はスーパーファミコン版よりも難易度が高めに設定されているため、こちらの方が長い時間楽しめる良さはあります。

 

高橋名人の冒険島

 

最後に高橋名人の冒険島です。

このゲームはとにかく難易度が高いことで知られており、生半端なプレイヤーではクリアできないと言われています。

 

ファミコンゲームの中でも屈指の難易度であり、操作性の単純なゲームなのに、どうやってクリアすればいいのかが分からないほどの難しさに仕上がっています。

このゲームをプレイすると、他のゲームがとても簡単に見えてくるほどの状態になるので、1回プレイすると他のゲームが更に楽しめるかもしれません。

このゲーム自体も奥が深くて楽しいものですよ。

 

以上3つを私がお薦めしたいゲームとして挙げたいと思います。