デルのゲーミングPCについて

トップページ
お気に入りに追加
  

デルのゲーミングPCについて

デルはアメリカの大手パソコンメーカーでイメージとしては量産型のPCを中心に製造しており、コストパフォーマンスがよいPCとして存在感があります。

ただし、量産型のPCということはPCゲームに必要なスペックを満たしていないということからゲーミングPCには向いていないということが大方の評価でもありました。

 

そのデルがPCゲーム専用のPCとして製造を始めたのが、「エイリアンウェア」ブランドのゲーミングPCです。

もちろん従来のデルの安価でコストパフォーマンスのよいPCも製造していますが、エイリアンウェアは今までのデルのPCとは全く違った商品であると言ってもいいでしょう。

 

エイリアンウェアはゲーミングPCとして製造された商品ですから、他のBTOのゲーミングPCと比べてもスペックで見劣りがするとは言えません。

エイリアンウェアを長くゲーミングPCとして利用するには耐久性などにも考慮してある点から優れているといえます。

 

しかし、残念なことですが、デルよりも会社規模で劣るようなBTOパソコンのゲーミングPCよりも価格が高めの設定になっており、コストパフォーマンスには劣るという評価が一般的です。

簡単な言い方をすれば、エイリアンウェアはゲーミングPCの高級ブランドとなってしまったのです。

 

ただし、デルは大会社でもあるので、信頼性とサポート体制は他のBTOパソコンのメーカーよりも一段上とも言え、ユーザーは安心して使うことはできます。